自宅 顔脱毛 やり方

自宅での顔脱毛の重要ポイント

カミソリのポイント

自宅で顔脱毛を行う場合、あなたならどんな方法を使いますか?

 

顔脱毛の自己処理で使うものといえば、剃刀や毛抜きが多いのではないでしょうか?
ここでは自己処理を行う際の注意点とコツを紹介します。

 

まずはじめに、自己処理で使う道具です。
毛抜きと剃刀、どちらも手軽に利用できるものですが、自己処理で使うのは剃刀です。
毛抜きは処理に時間がかかるだけでなく、炎症を起こしたり、大きな肌トラブルにつながりやすいので、絶対に使わないようにしましょう。
自宅での顔脱毛には、必ず剃刀を使ってください。

 

剃刀での処理で大事なポイントは3つです。

 

 

剃刀は清潔で新しいものを使う

剃刀は切れが悪いと肌を傷つける原因になってしまいます。
顔の様にデリケートな場所の場合は、新品、もしくは刃こぼれのしていない状態のいいものを使いましょう。
また、雑菌が付いていると肌トラブルにつながりますので、清潔なものを使いましょう。
使用後はしっかりと洗って乾燥させ、保管してください。

 

シェービング専用のクリームやフォームを使う

自宅でのシェービングでありがちな、せっけんの泡を使った処理方法は、決して安全とはいえません。
泡を使う理由は、泡によるクッションで、剃刀の刃から肌を守ることです。
せっけんの泡のようにつぶれやすく消えやすい泡では、肌を守りきることが出来ません。
専用のものを使って、肌に与える負担を最小限にしましょう。

 

剃るときは肌を張り、ゆっくりと剃る

慣れてくるとサッサッと剃ってしまいがちですが、油断している時こそ失敗をしやすいものです。
顔はデリケートな肌ですし、傷つけてしまうと次の日のメイクにも支障をきたしてしまいます。
シェービングをする際は剃刀をもっていない手でしっかりと肌を引っ張って、たるみが出ないようにし、
剃刀をゆっくりと滑らすようにして剃りましょう。

 

 

シェービング後は保湿を必ず忘れないことも大切です。
これらのポイントを参考にし、自宅での処理で肌トラブルを起こさないようにしましょう。